受賞作品
『サピエンス全史(上・下)』
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

<審査員コメント>
・人類史を描き、高い視点を得られる1冊。「そもそもビジネスは何のためにあるのか」に目を向け、新たなビジネスモデルを考えさせてくれる。世界的にも読まれている教養書。さらに多くの日本人に読んでもらいたい。
・ネットが発達する中で、本に求める役割が変わってきている。「しっかりした本を読みたい」というビジネスパーソンの気持ちに応える1冊で、このボリューム感は重要。また、ボリュームが気にならない一気に読ませるスピード感がある。翻訳者のすばらしい仕事を讃えたい。
・混沌とした時代の中で、若いビジネスパーソンは悩み、迷っている。そうした時に「昔の人はどうだったんだろうか、何を悩んだんだろうか」と人間の歴史を知ることが勇気になるし、判断基準を作ってくれる。ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』やジャック・アタリ『21世紀の歴史』などに匹敵する名著として、今後読まれ続ける1冊になるのではないか。


『LIFE SHIFT』
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

<審査員コメント>
・日本人の仕事観、人生観に影響を与える1冊。すでに経産省でも、本書をベースに、日本人の働き方についての議論がされており、仕事のやり方・働き方のパラダイムシフトを実際に生んでいる重要な1冊。
・日本企業の雇用には「女性の登用」「定年制」など課題は多い。女性は、出産などで登用が遅れたり、年齢にこだわらない登用を標榜しながら60歳で定年退職を迎えることになる。こうした課題をどう打破するかのヒントを日本の経営者に与えている。
・いくら雇用が流動化している、退職率が高まっている、と言っても、新卒一括採用で、定年まで勤めるのが、まだ日本では主流。しかし、あと10年で確実に変わるということを予感させられる。これから社会に出る世代にとっては「やり直しの利く人生」が当たり前になるという希望も与えてくれる。
・働き方改革とは、生き方の改革。これからの世代の厳しさを認識させられた。われわれ、現役世代が、これからの世代を後押ししなければと思わされた。


『小倉昌男 祈りと経営』
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

<審査員コメント>
・宅急便という優れたビジネスモデルが、葛藤を抱える家庭人から生まれたということに心を動かされる。同時に、作り手として嫉妬とリスペクトを感じるすごい本。スキャンダルになりかねない話を、すべての関係者からファクトを取って、身内の方から見ても尊敬されるコンテンツに仕上げた。ジャーナリストとして尊敬に値する仕事。
・これまで優れた経営者として光が当たっていた人物から、一人のジャーナリストがこつこつと何年もかけて発掘した新たな事実の強さ。人間の弱さを知る経営者が、ビジネスモデルを確立したという事実に感動する。ビジネスを志す人、経営者に読んでほしい。
・久しぶりに読んだ剛速球でかつ、ビジネス書としても完成度の高いノンフィクション。こういう本を今、読めることが貴重なこと。これからの書き手を引っ張るためにも、今のジャーナリストのトップランナーである著者のすばらしい仕事を称えたい。

『やり抜く力 GRIT』
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

<審査員コメント>
・ブラック企業問題を筆頭に、このところ日本では、一生懸命働くことへのマイナスイメージが流布している。しかし、個人としてどう力をつけ、成長するのかがビジネスパーソンの中心課題であることに変わりはない。努力することが、いかに合理的で正しいことなのかを教えてくれるビジネス書がアメリカで読まれていることを日本の読者に注目してもらいたい。
・自分自身、長く働いてきて思うのは、「やり抜く」という経験は、本当に貴重だが、なかなかできることではないということだ。この力を身につけることで、自分だけでなく、家族や子供、部下など周囲の皆が幸せになると感じさせてくれた。
・成功を決めるのは才能ではなく努力であることを論理的に語っている。一つ一つは当たり前に感じることでも、エビデンスで証明しているのがすばらしく、おもしろく読ませてくれる。
・昨今、日本ではブラック企業の話題に注目が集まり、ワークライフバランスも推進されているが、アメリカで最先端を行くビジネス書の流れは、その反対を向いている。「ハードに働け、ハードに学べ」というメッセージを発する今の先端のビジネス書の象徴が『ゼロ・トゥ・ワン』(2015年大賞)『HARD THINGS』(2016年大賞授賞)。本書は、その流れにある1冊。この流れは、これから日本にも来るだろう。


● 総評

「ビジネスパーソンが知識やスキルを得る書籍」といった従来のビジネス書の役割が変化しつつある──。昨年、ビジネス書大賞2016で多くの選考委員が指摘した流れが、さらに加速していることを再認識する選考結果となりました。

今回の最終選考会においては選考委員より以下の4点の変化が指摘されました。

第1の変化「教養」への流れ。
哲学・歴史・科学など、教養への関心が高まっています。社会環境の変化が早まる中、人生や仕事の意義を問い直し、判断基準を形作るための読書の必然性が高まってきていることによると思われます。

第2の変化「インターネットの対極としての本の価値の高まり」。
ビジネスのノウハウを得るツールはインターネットに移行しつつありますが、その反面、ネットでは得ることのできない深い体験や大きなストーリー性と言った書籍独自の価値を体現することが、より強く求められるようになっています。

今年度の大賞『サピエンス全史』、準大賞『LIFE SHIFT』は、長い時間軸の視点に読者を誘い、人生や社会そのものを見直すきっかけを与える作品で、第1および第2の変化を象徴する作品。第1次選考から最終選考へのすべての選考において、高い評価を得て文句なしの受賞決定となりました。

第3の変化「ビジネスパーソンの課題の変化・深まり」。
昨年は教育(『「学力」の経済学』準大賞授賞)、AI(『人工知能は人間を超えるか』審査員特別賞)といった、従来のビジネス書の定義に必ずしも当てはまらないテーマの作品が授賞作に選ばれ、ビジネスパーソンの注目するテーマの広がりを示す結果になりました。

今年度を象徴するテーマは「生産性」。『デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論』『生産性』『鬼速 PDCA』『職場の問題地図』が最終ノミネート作に選ばれ、「生産性」という課題に日本のビジネスパーソンの目が向いていることを反映した結果となりました。

さらに、第4の変化「ハードワーク」。
長時間労働やブラック企業へ厳しい目が向けられていますが、その反面、世界のトップビジネスパーソンは、自ら選んでハードに働き学んでいる──そんな現実を伝える翻訳書が、ここ数年続けて授賞しています(『ゼロ・トゥ・ワン』2015年大賞、『HARD THINGS』2016年大賞)。今年度、読者賞『やり抜く力 GRIT』は、そうした流れをさらに強く予感させる作品であることが指摘されました。

以上の流れの中で、「翻訳書優位の傾向が今後しばらく続くのではないか」との指摘がありました。本賞の意義として、日本のビジネス書の作り手の奮起を促し、後押ししていきたいということも最終選考の場で再確認されました。審査員特別賞『小倉昌男 祈りと経営』は、図抜けた仕事をされた日本の書き手に差し上げることで、続く日本人の書き手が現れることへの期待の表明でもあります。


▼ ノミネート作品

※書名の五十音順に掲載
No. 書名 著者
出版社
ISBN

いま世界の哲学者が考えていること

岡本裕一朗
ダイヤモンド社
9784478067024
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

小倉昌男 祈りと経営

森健
小学館
9784093798792
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

鬼速 PDCA

冨田和成
クロスメディア・パブリッシング
9784844377498
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

「言葉にできる」は武器になる。

梅田悟司
日本経済新聞出版社
9784532320751
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

サピエンス全史(上・下)

ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
9784309226712(上)
9784309226729(下)
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

職場の問題地図

沢渡あまね
技術評論社
9784774183688
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

生産性

伊賀泰代
ダイヤモンド社
9784478101575
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

デービッド・アトキンソン
東洋経済新報社
9784492396353
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

やり抜く力 GRIT

アンジェラ・ダックワース
ダイヤモンド社
9784478064801
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

LIFE SHIFT

リンダ グラットン
アンドリュー スコット
東洋経済新報社
9784492533871
出版社サイトでみる Honya Clubでみる amazonでみる

フェア開催中の書店   

北海道

栄好堂北斗店, 宮脇東札幌店, 蔦屋木野店, 未来屋手稲山口, 未来屋石狩店, 未来屋発寒店

青森県

宮脇書店青森店, 成田本店みなと高台店

岩手県

TSUTAYA一関中央店, かんの書店本店, ブックスアメリカン, ブックボーイ大船渡店

宮城県

ツタヤ白石店, ブックセンター湘南栗原店, ブックセンター湘南佐沼店, ブックセンター湘南矢本店

秋田県

高桑書店横手店, 高桑書店広面店, 高桑書店仁井田店, 高桑書店川尻店, 高桑書店中野店, 高桑書店湯沢店

山形県

みずほ八文字屋, 八文字屋新北店

福島県

TSUTAYA喜多方西店, スクラム鏡石店, みどり白河店, 宮脇須賀川店, 鹿島ブックセンター

茨城県

WonderGOOつくば店, WonderGOO常陸大宮店

栃木県

ハートブックス黒磯店, ハートブックス若草本, ビッグワンTSUTAYAさくら店, ビッグワンTSUTAYA宇都宮南店, ビッグワン鹿沼, 宮脇書店佐野店, 宮脇書店野木店

群馬県

ふじの木書房, 煥乎堂

埼玉県

BE BOOKS, うさぎや新所沢, リブロ川越店, 一清堂栄和, 一清堂上尾店, 成文堂南浦和店, 内山書店

千葉県

WonderGOO千葉ニュータウン牧の原店, ジュンク堂書店 南船橋店, ときわ書房, ときわ本八幡, 宮脇イオン稲毛, 三川屋国道店

東京都

あゆみ荻窪店, あゆみ田町店, あゆみ平和台店, 教文館, 成文堂江戸川橋店, 成文堂巣鴨駅前店, 大和書店, 蔦屋鷺宮店, 蔦屋町屋店

神奈川県

えみたす大口店, はまゆう書房, 久美堂伊勢原店, 三省堂書店新横浜店, 三雄堂, 文教堂すすき野, 文教堂書店中山とうきゅう店

新潟県

知遊堂三条店, 文信堂長岡店

富山県

BOOKSなかだ掛尾本店

石川県

宮脇イオン金沢, 文苑堂書店羽咋店, 文苑堂書店示野店, 文苑堂書店鳴和店

福井県

TSUTAYA bookstore パリオCITY店, 紀伊國屋書店福井店, 文明堂高柳店, 文明堂神明店

山梨県

TSUTAYA甲府バイパス店

長野県

TSUTAYA東松本店

岐阜県

カルコス各務原, カルコス穂積店, カルコス本店, 自由書房EX高島屋店

静岡県

えみたす香貫店, えみたす焼津店, えみたす浜北店, ツタヤ佐鳴台店, 蔦屋藤枝店, 本の王国浜松雄

愛知県

FASもとまち精文館, TSUTAYAブックセンター名豊刈谷店, TSUTAYAブックセンター名豊緑店, ウエイ神宮店, えみたす植田店, えみたす瀬戸店, えみたす福釜店, カルコス小牧店, カルコス扶桑店, ライブラリー大曽根, 宮脇書店尾西店, 光書店戸田店, 星野書店近鉄パッセ店, 精文館豊田西店, 白沢書店, 本の王国高蔵寺

三重県

ウエイ学園前店, ウエイ久居店, 宮脇書店久居店

滋賀県

ウイング甲南, がんこ堂彦根駅前店, ひらがきエイスクエア店

京都府

宮脇イオ福知山, 恵文社西大路店

大阪府

TSUTAYA貝塚26号線店, スカイブック大阪空港店中央ブロック

兵庫県

ダイハン書房岡本店, ダイハン書房本店, 知恵蔵書店兵庫店, 蔦屋赤穂店

島根県

松江サティ書籍売場

岡山県

ツタヤ高屋店, 丸善岡山シンフォニービル店, 宮脇倉敷駅ビル, 宮脇倉敷店, 啓文社岡山本店, 津山ブックセンターアルネ店, 蔦屋AZ玉野店, 蔦屋AZ平井店

広島県

TSUTAYAナタリ, TSUTAYA可部店, TSUTAYA坂店, TSUTAYA三原店, TSUTAYA神辺店, TSUTAYA西条東広島店, TSUTAYA竹原店, TSUTAYA東広島, TSUTAYA緑井店, 啓文社イオン三原店, 啓文社コア春日店, 啓文社コア神辺店, 啓文社ポートプラザ店, 啓文社ゆめタウン呉店, 啓文社新浜店, 啓文社西条店, 啓文社廿日市店, 啓文社緑町店

山口県

TSUTAYA宇部店, TSUTAYA西宇部店, 幸太郎本舗宇部店

徳島県

TSUTAYA石井店, TSUTAYA北島店

香川県

TSUTAYA十川店, 宮脇フジ丸亀, 宮脇フレスポ店, 宮脇綾南店, 宮脇香西店, 宮脇坂出白金店

愛媛県

TSUTAYAエミフルMASAKI店, TSUTAYA宇和店, TSUTAYA夏目店, TSUTAYA垣生店, TSUTAYA今治店, TSUTAYA松山店, TSUTAYA松山平井店, TSUTAYA川之江, TSUTAYA砥部店, TSUTAYA姫原店, TSUTAYA北浜店, フジ東予店, 宮脇マル新居浜, 宮脇新松山店, 蔦屋書店フジグラン重信, 蔦屋書店フジグラン西条店, 蔦屋書店フジグラン北宇和島

高知県

蔦屋書店フジグラン葛島店, 蔦屋書店フジグラン高知店, 蔦屋書店フジグラン四万十, 蔦屋書店フジグラン野市店

福岡県

あんとく三潴店, あんとく柳川店

長崎県

OXフォード貝津店

熊本県

あんとく荒尾店, あんとく山鹿店

沖縄県

Booksきょうはん安謝店, TSUTAYA伊租店

  

オンライン書店