ヘッダー

新刊JPトップ > ビジネス書大賞Biz-Tai >
ごあいさつ
 モモ。
 アルケミスト。
 ビジョナリー・カンパニー。
 論語。
 学問のすゝめ。
 原因と結果の法則。
 人を動かす。
 小倉昌男 経営学。
 これらの本は、私が今まで数多くの本を読んできた中で、仕事における節目節目で大きな学びや気付きを与えてくれた大事なパートナーです。
 私は今でも折りに触れて彼らを読み返し、その度に新しい気付きを頂きます。
 ビジネス書とは、ビジネスパーソンにとって学びや気付きがある本。
 すなわち、ビジネスパーソンにとって、メンターとも言える大事なパートナーです。
 この定義に当てはめれば、私にとって、彼らは全てビジネス書と言えるでしょう。
 彼らと出会わなければ、私は勉強し続けられなかった。
 彼らと出会わなければ、私は経営の道に進んでいなかった。
 彼らと出会わなければ、今の私はいなかった。
 そう、思うのです。

 これまで、良書は人生を変え、名著は歴史を変え、出版は文化の礎となってきました。
 本に込められている想いやメッセージには、それだけの強さがあります。
 人々に学びや気付きを与え、世界をより良い方向に動かしていきたいというビジネス書達の願いは、踊り場に居る今の日本にこそ必要なものなのではないでしょうか。
 出版不況が叫ばれる昨今、ビジネス書から出版界が盛り上がるきっかけを作りたい。
未曾有の大不況と呼ばれる今だからこそ、微力かも知れないが、ビジネス書から日本の産業界を勇気づけたい。
 ビジネス書大賞Biz-tai2010には、そんな想いが詰まっています。
今回が第1回となりますが、末永く皆さまに愛して頂ける大賞となれば幸いです。

ビジネス書大賞Biz-tai 2010実行委員長
株式会社オトバンク 代表取締役社長
上田 渉
実行委員紹介
上田 渉(実行委員長・株式会社オトバンク代表取締役社長)

株式会社オトバンク代表取締役社長。1980年神奈川生まれ。東京大学経済学部経営学科中退。在学中から複数のNPO(代表例は、かものはしプロジェクト)の立ち上げ・IT企業の経営を経て、2004年にオトバンクを創業し、現職。著書にディ カヴァー・トゥエンティワン刊『脳が良くなる耳勉強法』がある。

日本最大のオンラインブックガイド新刊JP及び、日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」を運営。究極のバリアフリーの達成と出版文化の振興を目指し、新しい読書の形であるオーディオブックの普及及び書籍の販促支援を行って いる。


梅谷哲夫(マスコミ代表・日経BP社日経ビジネス編集長)

1962年千葉県生まれ。86年早稲田大学法学部卒、日本経済新聞社入社。
整理部を経て、90年から産業部でレジャー・サービス、エネルギー、住宅・不動産、自動車、情報・通信などのミクロ取材を続ける。
2000年にベンチャー市場部に異動。総キャップを経て、02年からデスク。04年から産業部にデスクとして戻り、日経産業新聞のリニューアルや、本紙デスクとして総合面や1面企画などを担当。
07年から日経BP社に出向して、日経ビジネス副編集長、09年4月から編集長。


唐沢 暁久(出版社代表・講談社BIZ担当部長)

1961年生まれ。1984年に講談社入社後、経済、政治、社会、ノンフィクション一般分野を中心に、ほぼ一貫して書籍編集に携わる。
2005年に会社が「講談社BIZ」シリーズを発足させるのにともなって、担当責任者として本格的にビジネス書の開発を始めて現在に至る。


小飼弾 (ブロガー代表・αブロガー)

1969年生まれ。ブロガー/プログラマー/投資家。ディーエイエヌ有限会社代表取締役。
1999年オン・ザ・エッジ(現ライブドア)CTO(取締役最高技術責任者)として、上場前の同社の礎を築く。2004年「404 Blog Not Found」開始。人気癸韻離▲襯侫.屮蹈ーとして知られる。
著書に『空気を読むな、本を読め。』、『決断』、『断言』、『小飼弾の「仕組み」進化論』などがある。


篠田 晃典 (書店代表・丸善丸の内本店和書グループ長)

2002年丸善株式会社入社。丸善日本橋店一般書売場に配属。2004年丸の内本店開店に携わり2階フロア全般を担当。2007年には日本橋店開店に携わり1、2階フロア全般を担当。2009年丸の内本店和書グループ長に任命され全フロア150名のスタッフと共に丸の内のビジネスマンをメインターゲットとした売場を作り上げている。


干場弓子(協賛社代表・株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長)

1985年、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン設立以来、取締役社長として、経営全般に携わる傍ら、編集部全般も統括。
自らも編集者として、勝間和代さんの各書籍、小宮一慶さんのビジネスマンシリーズを手がけるほか、CDサイズ・ミリオネーゼ・強育・携書など各シリーズを立ち上げてきた。